カメラ転売の初心者が失敗する原因!リサーチと仕入れがポイント?

叫ぶ女性

んにちは!

カメラ転売コンサルタントのカズです。

 

先日誕生日をむかえ

また一つ歳をとってしまいました。

30歳を超えてから

時間の経過を

より早く感じるようになりました。

もっとやらなきゃと

焦ることもありますが

そもそもなぜビジネスをするのか?

という原点に度々立ち戻り

日々着実にやっていこうと

思いを新たにしています。

 

誕生日当日ですが

すでに自由の身なので

何をしても良かったのですが

何を思ったか

レンタカーで仕入れしてきました(笑)

もうこの歳は

仕事に捧げろということですね。

スピードを上げて

まずは仕入れ先と販路の拡大に

手をつけます。

 

さて今回は

カメラ転売初心者の方が

失敗しやすいポイントについて

お伝えしていきます。

ここにさえ気を付けていれば

スタート当初から

赤字なく稼ぐことも可能なので

特にこれから

カメラ転売をスタートする方は

ぜひここで学んでください。

 

カメラ転売で失敗する原因

カメラ転売で失敗する

もっとも大きな原因は

リサーチが不足していることです。

 

リサーチとは

市場調査という意味ですが

カメラ転売では

販売しようとする市場で

何がいくらで売れているか調べることです。

これを調べずに

「このカメラは売れそうだ」

とか

「ピンクは人気に違いない」

とか

主観で仕入れると

たまにまぐれで当たっても

トータルではマイナスになる可能性が

非常に高いです。

 

リサーチをして

人気のカメラを把握した上で

仕入れをすれば

主観ではなく客観で

商品を選ぶことができ

失敗がグンと減ります。

さらに

いくらで売れるか

調べておくことで

いくらで仕入れれば良いか

数字で判断できます。

これで、

仕入れたけど赤字だったという

失敗はほとんどなくなるでしょう。

 

利益は

販売した時に

確定するのではなく

仕入れた時点で

確定しているんです。

このイメージがつかめれば

スタート当初から

稼ぐことができます。

 

第二の関門、仕入れができない

メルマガやコンサル生からの

質問で多いのが

仕入れができない

というものです。

先ほどのリサーチをして

いくつかの商品について

仕入れ価格を把握したけど

それが見つからないというものです。

 

この原因は

大きく二つあります。

1つは

リサーチで見つけた

商品数(リスト)が少ないというものです。

リサーチで

10リスト作った場合と

100リスト作った場合では

その後の仕入れに

数倍の差が出ます。

リストの数は

多ければ多いほど

仕入れはしやすいです。

仕入れられない場合は

リストが少ないかも?と疑い

再度リサーチするのが良いです。

 

もう1つの原因は

仕入れ先を見る頻度が

少ないことです。

たった1回見ただけで

見つかりませんと

言っている人が

いる気がします。

 

そんなこともあります、

それでも毎日

サイトをチェックしていれば

必ず仕入れ商品は出てきます。

あるないに一喜一憂せずに

仕入れ先をリストアップして

日々、機械的にチェックするのが良いです。

もちろん

リストを作ることが先ですよ。

 

まとめ

今回は

カメラ転売で失敗する理由と

その対策について

お伝えしました。

カメラ転売で成功するかどうかは

リサーチで決まると言っても

過言ではありません。

何かうまくいかないなと

感じているのであれば

原点に戻り

リサーチをしてみてくださいね。

 

 

メルカリカメラ転売攻略本

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ