カメラ転売の外注化!メリットとデメリットについて考えてみた

飛行機

んにちは!

カメラ転売コンサルタントのカズです。

 

今日から韓国です。

これまで

アメリカ

ニュージーランド

イタリア

デンマーク

スウェーデン

ノルウェー

インドネシア

香港

マカオ

タイ

ミャンマー

と旅行していきましたが

日本から一番近い韓国には

行ったことがありませんでした^^;

今回は食がメインなので

焼肉、ソルロンタン、ピンスなど

韓国名物を

食べまくってきたいと思います^^

 

さて本日は

カメラ転売の

外注化について

お伝えしていきます。

 

カメラ転売外注化のメリット

カメラ転売で

ある程度稼げるようになると

はじめたての頃とは違う理由で

面倒な作業が出てきます。

私の仲間達と話すと

「仕入れは楽しいんだけど

撮影や発送が面倒」

という声を

しばしば聞きます。

私も同じ感覚で

仕入れがとても楽しく

気づけば自宅に

大量のカメラが届き

撮影の面倒さに

過去の自分を恨みます(笑)

 

この撮影を外注化することで

撮影に使っていた

エネルギーを節約できるので

リサーチや仕入れの作業を

これまで以上に

集中してできるようになります。

撮影を嫌と思っていればいるほど

外注化の効果に驚くはずです。

私の場合

何となく面倒だなと思いながら

撮影していましたが

外注化して

自分で撮影しなくなったときに

めちゃくちゃ面倒に感じてたなと

気づきました^^;

 

また外注化には

もう1つ大きなメリットがあります。

それは

使える時間が増えることです。

単純に撮影に使っていた時間が

他のことに使えるようになるので

カメラ転売の作業をしたり

新しいビジネスに手をつけたり

遊びに使ったりもできます。

同じ結果を出すなら

使う時間は少ない方が

良いと思いませんか?

 

カズのカメラ転売外注化

ここからは

私カズが

どういう外注化をしているかを

ご紹介します^^

 

カメラ転売の作業の流れは

リサーチ

仕入れ

検品

撮影

出品

梱包発送

ですが

この中の

「撮影」と「梱包発送」を

外注さんにお願いしてます。

まずこの二つを外注化したのは

私の中で

時間とエネルギーを

一番使っているなと

感じていたからです。

 

仕入れた商品を外注先に送り

撮ってもらった写真を使って

こちらで出品作業を行い

売れたら発送を依頼する流れです。

これだけでも

月で数十時間は

他のことに使えるようになり

何より発送を依頼したことで

いつも自宅にいる必要がなくなり

大好きな旅行を

楽しめる機会が増えました^^

 

外注化に正解はなく

あなたがやっている作業の中で

面倒だなと感じる部分を

任せるのが良いです。

仕入れ以外は

全部やってもらうというのでも

良いと思いますよ^^

 

カメラ転売外注化のデメリット

ここまでは

外注化のメリットについて

お伝えしてきましたが

もちろんデメリットもあります。

 

1つは

自分と全く同じクオリティを

出してくれるとは限らないことです。

撮影の場合は

こちらからやり方を教えますが

全くそれ通り

撮れるわけではないです。

私の場合は

外注さんの方が圧倒的に

クオリティ高かったですけどね(笑)

 

もう1つは

外注さんも当たり前ですが人間なので

まれにミスをします。

約半年使ってきて

1度だけ

違う商品を送るという

ミスがありました。

こちらでは

完全にコントロールできないので

何か起きた時に

対応する覚悟は

しておいたほうがいいですね。

 

まとめ

今回は

カメラ転売外注化について

メリット・デメリットをお伝えしました。

やる前は半信半疑だったんですが

やった後は

やらない理由はないと感じてます。

まずやってみてから

自分に合うかどうか

判断するのがいいですね^^

 

 

メルカリカメラ転売攻略本


※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ