メルカリ再出品規制で売れなくなったか?これからの戦略について

戦略

んにちは!

カメラ転売コンサルタントのカズです。

 

先月のメルカリでの

大規模な再出品規制で

もうメルカリでは稼げないと

諦めている方も

いるんじゃないでしょうか。

たしかにこれまで

再出品して上位表示させることが

メルカリで稼ぐ上で

一番のポイントと考えられていたので、

それができなくなることは

メルカリ終了と思ったとしても

仕方ないなと思います。

 

規制後も

再出品して

稼ごうとしている方が

いるようですが

個人的には

リスクが高いと感じるので

短期的には良いかもしれませんが

長期的に稼ぎたいのであれば

あまりオススメは

できない戦略ですね。

 

私は規制後は

再出品を

ほぼしていません。

それでも

規制前と殆ど変わらない

利益をあげることが

できています。

 

今回は

再出品をしない前提で

どうやってメルカリで稼いでいくかを

考えてみます。

 

カズのメルカリ戦略

メルカリの再出品規制後に

私が実際にやったことは

以下の3つです。

 

商品自体の魅力をあげる

商品に付加価値をつけることで

商品自体がより魅力的になるよう

工夫しました。

 

具体的には、

クロスやブロワーなどの

おまけを付けたこと。

他の人がやっていない

オリジナルのおまけを

つけるようにしたこと。

が挙げられます。

 

お客さんのニーズを読んで

他の人がやっていないことを

やることが差別化になるので

これまで誰も付けていなかった

おまけを付けてみるのは

良い戦略だと思います。

クロス、ブロワー、

フォトアルバム、

三脚、カメラバッグあたりは

多くの人が付けているので

これら以外のもので

自分がカメラを使う立場なら

何が嬉しいかを考えて

付けてみましょう。

 

商品写真にこだわる

再出品することで

商品へのアクセスを

力技で集めることが

できなくなったので

アクセスアップの手段として

商品写真を一新しました。

 

写真にこだわった理由は

メルカリをカテゴリで見ると

写真と価格のみ表示されるので

商品内容を見てもらうためには

写真が魅力的である必要があるからです。

 

具体的には

アプリで見たとき

アップになるように写真を撮ったり

背景にカタログを置いたりしました。

家電量販店で

0円で手に入るので

活用しない手はないですね。

 

定期的に分けて出品する

規制前は

商品が10台あれば

まとめて10台出品して

再出品して売るという

流れでした。

規制後にそれをやると

タイミングが悪ければ

ほとんど見られずに

検索下位に追いやられるので

あまりオススメはしません。

 

10台あれば

4台、3台、3台など

分けて出品することで

お客さんの目に止まる

機会が増えます。

また、出品一覧から

以前出品した商品が

売れることもあります。

出品する時間にも

気をつけたほうがいいですね。

 

ここまでが

再出品規制後の

メルカリでの戦略です。

その場に立ち止まらず

常に進化を忘れないことが

メルカリで長くやっていくために

求められそうです。

 

他フリマへの出品

ここからは

メルカリ以外の

販路を見ていきたいと思います。

メルカリが再出品規制をしてから

メルカリ以外のフリマでの商品アクセスが

明らかにアップしています。

おそらくですが

メルカリが再出品規制をかけたときに

お客さんが欲しい商品が

メルカリには無くなり

他のフリマに移動したんだと

推測してます。

また、メルカリに見切りをつけたセラーが

他のフリマに移動したことも

要因だと思います。

 

理由は何にせよ

アクセスが増えていることは

間違いないので

これまでメルカリのみで

ビジネスをやっていたのであれば

この機会に

他のフリマにも

目を向けてみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は

メルカリ再出品規制後の

戦略についてお伝えしました。

以前の記事にも書きましたが

これからは販売する側の実力が

売り上げにダイレクトに

影響するようになります。

常に進化することを忘れず

長期的に稼げる自分でありましょう^^

 

 

メルカリカメラ転売攻略本

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ