メルカリの取引キャンセル方法!出品者と購入者の場合について!

取引キャンセル

んにちは、カズです!

 

メルカリを使っていると

出品者や購入者のミスなどにより

取引キャンセルする必要がある機会が

出てきます。

私自身も、

出品を止めようと思った商品を

削除し忘れて出品したままにして

売れてしまったりした時

キャンセルしたことがあります。

 

キャンセルしたい理由としては

他にも間違って購入した、

間違った支払い方法を選択した

といったものが考えられます。

 

取引キャンセルする機会は

意外に多いと思うのですが

このキャンセル方法が

けっこう分かりづらく

迷っている方も多いようですね。

 

そこで今回は

出品者の場合と

購入者の場合について

取引キャンセルする方法を

解説していきます!

SPONSORED LINK


メルカリでの取引キャンセル方法(出品者の場合)

まずは、自分が出品者の場合の

キャンセル方法を解説します。

 

出品者側がキャンセルしたいパターンとしては

「何かしらの理由で商品を発送できない」

の場合かと思います。

別のフリマで売れてしまったかもしれませんし、

やっぱり売りたくないと気が変わったかもしれません。

 

購入前に一言コメントがあれば

そこで販売できないことを

伝えることができますが

コメントなく即購入された場合

こちらでキャンセル手続きをする必要があります。

即購入は本来嬉しいものですが

こういうときは面倒になりますね^^;

メルカリの規約上は

購入前にコメントが必要なので

どちらに非があるとも言いづらいです。

 

前置きが長くなりましたが

取引キャンセル方法を説明します。

出品商品を即購入された場合、

支払い待ちと、支払い済みの2パターンに分かれます。

どちらのパターンでも

キャンセル方法は同じです。

こちらのプレッシャーとしては

支払い済みの方が大きいですが^^;

 

まず購入者に

キャンセルしたいことを

連絡しましょう。

メルカリでキャンセルするには

購入者の合意があることが

前提となります。

 

まず、メルカリアプリを起動して

画面左上の部分をタップして

メニューを表示してください。

メルカリ

 

メニューの中の

「お問い合わせ」

タップしてください。

メルカリ

 

「お問い合わせの前に」という

ページに移動するので

「お問い合わせ項目を選ぶ」

タップしてください。

メルカリ

 

問い合わせ項目一覧が表示されるので

「購入・支払いについて」をタップしてください。

メルカリ

 

「お問い合わせする」をタップしてください。

メルカリ

 

商品IDは

2つ下の画像(取引画面)に表示されている

「m34258901397」です。

お問い合わせ内容は、

・出品者であること

・キャンセル理由

を含めて書いてください。

 

メルカリは

複数マーケットへの

同時出品を禁止しているので

たとえそれが理由であっても

規約に引っかからないような

理由を記入しましょう。

メルカリ

 

メルカリ

 

 

以上で

キャンセル手続きは完了です。

メルカリ事務局の

混雑状況によりますが

1〜3日程度

キャンセルされています。

SPONSORED LINK


メルカリでの取引キャンセル方法(購入者の場合)

自分が購入者の立場で

キャンセルしたいときも

出品者の場合と

ほとんど手続きは同じです。

 

まず、出品者に

キャンセル希望であることを伝え

合意を得ておきましょう。

 

キャンセル手続きで

出品者の場合と異なるのは

以下のお問い合わせ内容の欄に

「購入者です」と記入することだけです。

メルカリ

 

購入者の場合も

メルカリ事務局の

混雑状況によって

1〜3日程度

キャンセルされるようです。

 

まとめ

今回は

フリマアプリのメルカリで

取引キャンする方法について

お伝えしました。

キャンセルボタンを作るなど

もっと簡単にしてくれれば良いのですが

メルカリとしてはできるだけ

キャンセルして欲しくないんでしょうね^^;

 

メルカリカメラ転売攻略本

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ