らくらくメルカリ便の梱包方法!紙袋や封筒でも大丈夫?

紙袋

皆様にもおなじみとなった

フリマアプリ「メルカリ」

自宅や実家にある不要な物が

ちょっとの手間でお金に変わるという

素晴らしいサービスですよね。

 

日本以外にもアメリカ、イギリスと

サービスを拡大し

2017年12月に世界1億ダウンロードを達成して

いまだに急成長が止まらない「メルカリ」

 

ここまでの急成長にはやはり、

ユーザー側の視点に立った使いやすさと

料金体系のシンプルさがあると思います。

その使いやすさ、

料金体系のシンプルさを凝縮し

メルカリ独自のサービス「らくらくメルカリ便」についての

疑問についてお答えいたします。

スポンサーリンク

らくらくメルカリ便とは?

メルカリに出品をして売れた後には

自分で梱包をして発送をしなくてはいけません。

販売代金を自分で設定できるとはいえ、

無駄な送料や、梱包に使う箱などを

新しく購入することで

余計な出費をしてしまい

利益が残らなかったなんてこと

メルカリ初心者にはよくあることです。

 

「らくらくメルカリ便」は

小さいもいのは封筒サイズから

大きいものは160サイズまで、

全国一律送料で送ることができます。

料金も最低価格195円~という事で

計算がしやすいですよね。

また、匿名配送、匿名受け取りもできるので

自分の個人情報を相手に知られることなく

取引ができることで安心できますね。

 

ここで大切になるのは

梱包に関するコストをいかに抑えられるか?

という事で、可能であれば、

家の中にある身近なものを使って梱包したいですよね。

 

梱包に紙袋や封筒を使っても大丈夫?

結論からいえば「YES」です。

むしろ紙袋、封筒で発送するユーザーが

大多数ではないでしょうか?

注意点もあるので

らくらくメルカリ便での

梱包のポイントについてお伝えします。

 

1:紙袋、封筒の中の商品は必ずナイロンの袋やポリ袋で包み防水性を高める

商品によっては濡れても問題ないものもありますが、

本や木製品、皮製品など、

濡れたらいけないものを送ることも多いと思います。

せっかく新品同様で発送した商品も

持ち運びの時に運送会社のドライバーさんが

雨にあてて濡らしてしまい

商品がダメージを負うこともあります

 

他にも輸送中のトラックの積み込みの都合上

クール便のトラックに積まれてしまい

トラック内の冷蔵車の霜や結露が落ちてしまい

これもまた商品のダメージにつながります。

ダメージがある状態で相手に商品が届いてしまうと、

きれいに送った商品なのに

「悪い」という評価を付けられてしまいます。

実は商品を保護する上で

防水性は非常に大切なポイントなんです!!

スポンサーリンク

2:一度使用した個人情報や企業の名前が入った封筒を使わない

いやいやさすがにそんな物はつかわないでしょう、、、、と思いませんか?

実はメルカリの取引をしていると

1度使った封筒で商品が送られてくることは本当に多いです!

特に法律に触れるわけではないですし、

その個人情報を知っても何もできないのですが、

受け取った方はあまりいい気持ちがしませんね。

 

他に多いのが「***銀行」「レ○ク」などの

企業の名前が入った封筒で送ってくる方です。

特に銀行の封筒はATMの横で無料で手に入るので

入手する方が多いのかもしれません。

 

特にやましいことがないのに、

金融機関や消費者金融の名前が入った封筒が

家に届くのはいい気持ちがしませんし、

家族に見られたら誤解をうけかねませんね。

これも取引後の評価を下げてしまう

一因になるので避けましょう。

 

3:意外とかさばる紙袋※サイズが変わってしまう

サイズ単位で送料が変わる「らくらくメルカリ便」、

ベストはA4サイズ厚さ3㎝以下の

「ネコポス」サイズで送ることですが、

そうすることができない場合は

「宅急便」で送らなくてはいけません。

材質にもより一概には言えませんが、

紙袋は意外と厚みがあるので

梱包後に60サイズを超えてしまう場合もありますので

ご注意ください。

※宅急便コンパクト(全国一律¥380円)もありますが

箱の料金が55円かかるので今回は除外します

 

4:おすすめの封筒

発送が多い方は封筒の価格が非常に大切です。

オススメの1つとしては

「100円ショップセリア」さんで販売されている

「A4サイズ身晒クラフト封筒10枚入り」108円なので1枚あたり10.8円。

売値の計算をするときに

この10.8円をあらかじめコストに乗せて

売価-手数料-梱包資材費-運賃=利益という計算をして

出品するといいですね。

 

さいごに

「こんな物売れるの?」と思ったり

自分にとっては興味のなくした古い本でも

マニアにとってのどから手が出るほどほしい一冊なのです、

それらをつなぐサービスがメルカリです。

ぜひ皆様もチャレンジして

お小遣いを作ってくださいね!

メルカリカメラ転売攻略本

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

LINE@で販売情報を配信中

LINE@で、私が実際に販売した商品の
利益や仕入額を公開しています!

友だち追加

PCでご覧の方は、
LINEアプリ(スマホ)の友達追加で
以下のQRコードを読んでください。

コメントを残す