あなたもやっているかも?達成できない目標の立て方

study

 

んにちは、カズです。

 

あなたは

目標達成できていますか?

もしできていないのだとしてら

そもそも

達成することが困難な

目標を立てているかもしれません。

 

本日は

私を含む多くの人がやってしまっている

達成できる可能性が低い

誤った目標の立て方について

お伝えします。

 

目標達成できるかどうかは

目標を立てた後よりも

どんな目標を立てるかという

立てる前の比重が大きいです。

 

例えば

来月の資格試験に

挑戦する場合

あなたは

どんな目標を立てますか?

 

ここで多くの人は

「毎日1時間勉強する」

という目標を立てます。

この時点で

ほぼほぼ失敗が決まります。

 

この後どうなるかというと

例えば

残業で帰宅が23時になったり

忙しい日があると

今日は遅いから

明日やろうとなります。

1時間空き時間ができたらやるけど

空き時間が無かったらやらないという日が

できてしまうのです。

こうしてしまうと

仕事の状況などによって

目標達成できるかどうかが

左右されてしまいます。

目標の立て方に問題があるため

このような状態に陥ります。

 

では、

どんな目標を立てれば良いのか。

資格試験が目標の場合、

「毎日1時間勉強する」

ではなく

「毎日、通勤と昼休みで1時間勉強する」

とすることで

目標達成できる可能性が

一気に上がります。

1時間勉強することは変わりませんが、

どうやってその時間を作るかまで

目標に含ませてしまうのです。

こうすると

あとは自分の意志だけで

目標を達成できます。

 

もちろん

カメラ転売でも

この目標の立て方は使えます。

「毎日1時間作業する」

「毎日1コ出品する」

ではなく

「通勤中に30分リサーチする」

「夕食後15分で商品の撮影をする」

「お昼休みに15分で商品を出品する」

と、いつやるかまで考えて

目標を立てると

成功する可能性が

一気に高くなります。

 

私はもともと

IT企業のサラリーマンだったので

時間が無い感覚はとてもよく分かります。

その中でも

効率的に作業を進めるために

「いつやるか」

を明確にして

カメラ転売で成功しました。

 

あなたは

“達成しやすい”目標を立てていますか?

 

脱サラした元エンジニアが教えるネットビジネスで成功する方法

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

カズ

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ