依存とは支配されることです

「○○さん、

3年間、地方支社に行ってきてください」

突然上司からこの言葉をもらったら

あなたはどう感じますか?

 

断れば、

今後の出世は無くなるかもしれません、

もしかしたら

辞めさせられるかもしれません。

 

そんな状況だったら、

多くの人は

会社からの命令に従い

地方に行くでしょう。

 

でも例えば、

結婚して子供がいて、

一生都内にいると思って

マンションまで買った状況では

どうですか?

さらに奥さんから

こんな小さな子供をおいて

地方に行くなんて止めてと

言われたらどうですか?

 

「そんなこと言ったって

会社の命令だから仕方ないじゃないか!」

と、

説得しようとしますか?

 

そんなことを言っても

あなたは気付いているはずです。

仕方ないのではなく、

会社に依存しているために

会社の命令に従わざるを得ない、

全ては自分の責任だと。

その言葉は

仕方ないんだと

自分を納得させるために

出ていることを。

 

依存は、

ある意味では楽です。

他人に自分の人生の道筋を

決めてもらうことは

今だけを見れば

楽だと思います。

しかしそれには、

大きな代償を伴います。

何かに依存すると

その相手から支配されるのです。

 

支配から抜け出すためには

自分の頭を使って考え、

依存関係を断ち切る必要があります。

 

会社に対する依存を

断ち切るためには

何をすれば良いでしょうか。

どの部分で依存しているのでしょうか?

 

それは

多くの場合

「お金」だと思います。

つまり、

お金に関する依存さえ断ち切れば

会社に支配されることは

無くなります。

 

「地方に行ってくれ」

と言われれば

嫌だと言っても良いし、

従ってもいい、

あなたが

自分の意志で

選択できるようになります。

自分で選択できるため

ストレスが無い

自由な生活が送れます。

 
それでもまだ、

依存関係を続けますか?

 

 

追伸:

 月10万円収入を増やすための、

 マインドセットや具体的手法についてのレポートを無料で公開しています。


 コチラからダウンロードできます⇒ http://cameratenbai.com/LP/camera2014/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ