失敗の恐怖から解放される方法

あなたは、

しっかり勉強してから行動するタイプですか?

それとも

まず行動してみるタイプですか?

Aについては勉強してから、

Bについてはすぐに行動という方も

いるかもしれませんね。

 

このとき

完璧に知識を入れてから

行動しようとすると、

まだこの部分が足りないとか、

ここをハッキリさせてから動き出そうとか考えて、

全く行動に移せなくなります。

 

私は以前このタイプでした。

完璧にすべてを理解してから動き出したくて

全く行動しないまま諦めたこともあります。

 

そもそも

やる前から全てを理解することは

多くの場合不可能で、

無駄が多いです。

実際に行動して、

自分の知識が足りない部分に気付き、

その知識を勉強した方が、

本来勉強すべき部分のみに

時間を使えます。

 

それにも関わらず、

なぜ完璧に勉強しようとするのか。

私の場合は、

失敗することが怖かったです。

失敗したくなかったから

完璧にしてから動き出したかったのです。

いや、

学ぶことで、

行動することを避けていたのかもしれません。

 

あなたは、

失敗したくないという気持ち

ありますか?

 

ここで考えてみたいのですが、

失敗とは

何としてでも避けなければならないほど

悪いものなのでしょうか。

 

今だけを見たら失敗ですが、

もし未来の成功を確信して取り組んでいたら

今の失敗は失敗ではなく、

わかってない部分に気付けたことです。

そこに気付けたことで、

将来の成功に近づけたのです。

今の出来事への意味付けは

未来によって行われます。

 

「絶対に成功する」

という確信を持って、

今の目の前のことに取り組みたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ