発想の違いが結果を変える

-shared-img-thumb-150829292440_TP_V

んにちは、カズです。

 

昨日、以前から気になっていた

アートアクアリウムを見てきました^^

言ってしまえば

金魚が入ったでかい水槽を見るだけなのですが

音楽や照明による演出が素晴らしく

しばらく見入ってしまいました。

 

会場内は撮影OKだったので

そこら中から

カシャ!カシャ!という音が聞こえました。

9割の人はスマホ、

一眼レフやミラーレスは1割程度でしたね。

 

ここでどう考えるかが

稼げるかどうかのポイントです。

具体的に言うと

「やっぱりみんなスマホで撮るから

カメラなんて売れないよね」

と考えるか

「まだまだカメラ使っている人が少ないから

これから販売するチャンスがある」

と考えるかの違いです。

 

アフリカの靴の話が有名ですね。

まだアフリカの人に靴を履く

習慣がなかった時に

2つの靴メーカーの社員が

現地調査に行きました。

仮にA社、B社としますね。

A社の調査員は誰も靴を履いていないのを見て

「ここはダメです、誰も靴を履いていません。」

と報告しました。

それに対してB社の社員は

「素晴らしい市場です。

まだ誰も靴を履いていません。」

と報告しました。

この調査結果をもとに

アフリカ進出したB社は

大成功したそうです。

 

カメラとは時代も状況も違いますが

事実は同じでも

発想の違いが結果の違いを生むことを

心に留めておいてください。

できない理由ではなく

できる理由に目を向けることが大事です。

 

追伸1

残業100時間オーバーのサラリーマンでも

副業で月10万稼ぐ方法をメルマガでお伝えしています。

期間限定で、何も考えずに実践するだけで10万円稼げる教材を

無料プレゼントしています。

メルマガ登録完了のメールをお見逃しなく!

↓↓↓

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

カメラ転売コンサルタント カズ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ