脳内メモリは限られている

んにちは、カズです。

 

普段作業をしていて

「あ、あれまだ途中だった」

「あ、あれもやらなきゃ」

といったことを

思うことはありますか?

 

これをそのまま

頭の中に残しておくと

意識上は無くなっているかも

しれませんが

作業効率に

大きく影響します。

 

そんなことくらいで、

と思われますか?

実は私も以前は

そう思っていました。

ですが

「食器を洗う」

「洗濯する」

「ガス代を支払う」

こんなささいなことでも

頭の中に残っていると

そうでない場合より

集中力が下がるという情報を聞いて

実際に全ての未完了タスクを

頭から追い出すと

そうでない場合より

目の前の作業への集中力が

高まったのを感じました。

 

頭から追い出すとは

具体的には

未完了タスクを

紙に全て書き出すことです。

そして

書き出したあと

やる必要があるかどうかを判断して

必要無いものは消します。

頭の中にあるときは

必要かどうかも

分からないので

この作業だけで

かなりスッキリすると思います。

消して残ったタスクは、

いつやるかを決めます。

 

以上のことを

定期的に行うことで

頭がスッキリして

常に目の前のことに

集中することができます。

 

あなたは

未完了タスクを

頭の中にいくつ持っていますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ネットビジネスで稼げるようになるレポートを無料プレゼント中

 

カズ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ