メルカリで再出品ツール規制!らくめるは?対策についても!

ツール規制

んにちは!

カメラコンサルタントのカズです。

 

最近は

Amazonでの売れ行きが

半端ないことになってます。

1日10台以上売れてますね。

年間で最も売れる月なので

自宅に在庫を持っているのであれば

すぐにFBAに送りましょう。

回転が速いので

最安値じゃなくても

すぐに順番が回ってきますよ。

 

Amazonは順調ですが、

メルカリが気になる事態になってます。

今回はそのことについて

お伝えしていきますね。

 

メルカリがらくめるなどの再出品ツールを規制

いつか来るとは思ってましたが

メルカリが再出品ツールの

規制を強化しましたね。

私が得ている情報では

らくめるなど

様々な再出品ツールが

まともに機能しない状態であるようです。

私が使っていたツールも

規制されて出品できない状態です。

 

規制が強化された理由は

おそらくですが

数百品という数の商品を

短時間で再出品を繰り返すユーザーがいて

それによって

一般の方の商品が売れづらくなり

メルカリ離れが起きることを

避けたかったんじゃないかと思います。

普通に考えれば

再出品ツールによって売り上げが増えれば

メルカリに入る手数料が増えるので

あえて規制する必要はないですよね。

いまいまの手数料収入を減らしてでも

より多くの人に

平等に販売機会を与えたほうが良いという

長期的に考えての判断なのでしょう。

 

再出品ツール規制への対策は?

再出品ツールは

特別なことをやってくれていたわけではなく

手動でもできる再出品について

単にその手間を省くためのものでした。

そのため、

対策とは言えませんが

再出品ツール運営者が

具体的な施策を打つまでは

手動で再出品することが

有効な選択肢となります。

 

らくめるの情報としては

新しい仕組みのツールを

作っているようなので

その運用がスタートして

問題ないことが確認されてから

ツールを使用しても遅くないでしょう。

 

今回の再出品ツール規制は

ある意味では非常に大きなチャンスです。

この規制で大量出品者がいなくなり

出品すればアクセスが多く集まるような

状況になっているためです。

数百品の商品を出品して

薄利多売で稼いでいたユーザーは

大打撃をうけているでしょうが

幸運にもカメラは

1台で大きな利益を取れる商品です。

手動でも無理なく回せる商品数で

月に数十万の利益を出せるので

この規制をチャンスと捉え

粛々と出品していきましょう。

 

 

追伸1

残業100時間オーバーのサラリーマンでも

副業で月10万稼ぐ方法をメルマガでお伝えしています。

期間限定で、何も考えずに実践するだけで10万円稼げる教材を

無料プレゼントしています。

メルマガ登録完了のメールをお見逃しなく!

↓↓↓

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

カメラ転売コンサルタント カズ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ