メルカリツール規制後の戦略は?フリルとラクマを攻略!

メルカリ規制

んにちは!

カメラ転売コンサルタントのカズです。

 

メルカリがらくめるなどの

再出品ツールを規制して

10日ほど経ちましたね。

明らかに出品が減っているので

撤退したセラーや

状況を見守っているセラーが

多いのでしょう。

 

私自身は

らくめるが使えなくなった後

手動での再出品に切り替えました。

一部では

手動でも検索に引っかからなかったり

上位表示されない場合があると

情報がありましたが

私は問題なく上位表示され

検索にも引っかかりました。

手動でも規制されるということは

他の商品と説明文が

似過ぎている場合などで

業者と判断されているのかもしれません。

 

それにしても

手動での再出品は面倒ですね(笑)

たかだか数十分ですが

ツールに頼りすぎていたので

思った以上に苦痛です。

それでも

再出品すればやはり売れます。

カメラ転売は

商品の単価が高く

一台あたりの利益が大きいので

再出品作業の労力対効果は

私の許容範囲です。

これが1個あたり

数百円の利益だった日には

他のビジネスを探していたと思います(笑)

 

今回は

メルカリ再出品ツール規制後の

再出品以外の戦略について

お伝えしていきます。

 

フリルとラクマを攻略!

ずばり

メルカリツール規制後の今

フリルとラクマを攻略することが

利益を落とさずに

転売ビジネスを続けていくポイントです。

 

フリルとラクマは

メルカリに比べて

ユーザーが少なく

売れ行きが鈍いところはありますが

販売手数料0という

メルカリに無いメリットがあります。

 

さらに

メルカリ再出品ツールのらくめるは

フリルとラクマに対応していて

自動で再出品ができます。

もともとはツール動作のために

メルカリアカウントの紐付けが

必要だったようですが

規制後はそこが修正され

ラクマとフリルのみに

再出品できるようになっています。

また、メルカリが使えなくなったことで

ツールの価格が下げられ

これまで1カウント9980円だったのが

3アカウントで9980円になっています。

 

フリルとラクマは

メルカリと比べて

まだまだ制限がゆるいので

ツールを使って

バンバン再出品することで

メルカリで落ちた分の利益を

カバーすることができます。

私も使っていて

特にフリルでの売り上げのおかげで

メルカリの落ち込み分を

カバーできています。

今後

メルカリの規制をくぐり抜けた

再出品ツールが出る可能性はありますが

それまではらくめるを使って

フリルとラクマで売りまくりましょう。

らくめるについて

 

追伸1

残業100時間オーバーのサラリーマンでも

副業で月10万稼ぐ方法をメルマガでお伝えしています。

期間限定で、何も考えずに実践するだけで10万円稼げる教材を

無料プレゼントしています。

メルマガ登録完了のメールをお見逃しなく!

↓↓↓

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

カメラ転売コンサルタント カズ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ