D5500発売で旧型のD5300やD5200はどうなるのか?

nikon D5300

 

んにちは、カズです。

 

ニコンからD5500が発売されましたね♪

現行のD5300に、

これまでフルサイズ機にのみ搭載されていた

周辺光量落ちの調整機能「ヴィネットコントロール」が

DX機として初搭載され、

さらにD5300から60g軽量化されていて

より扱いやすくなっているようですね。

私も物欲を抑えるのに必死です(笑)

http://www.cameratenbai.com/d5500
カメラ転売をする上で

新製品の発売は注意すべきタイミングです。

「新しいものが出たから古いものは値下がりする」

実はそんな単純な話ではありません。

Canonから7D Mark IIが発売されたとき、

ヤフオクの7Dの相場は上がりました。

「なんで新製品が出たのに古い製品の価格が上がるの?」

そう思われますよね。

価格が上がる理由は、

新しい製品が欲しいけど高くて買えないからです。

その際7Dに目が行き、10万円以上の価格差を考えると

こっちでも良いかなと旧型の7Dが売れるのです。

その結果、7D MarkIIが発売される前と比べて

7Dの需要が高まり、ヤフオクの相場が上がりました。

 

これはあくまで私の推測ですが、

D5500でも同様の現象が起こり

D5300やD5200あたりが売れやすくなる

可能性があります。

特にこれから、新社会人など

新生活をむかえる人が多くなる時期ですので

大きなチャンスですね。

私もこの波に乗って稼ぎたいと思います♪

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

在宅カメラ転売の無料メール講座はコチラから

 

カズ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ